栄養不足は、薄毛と深く関係していることがわかっています。

 

ダイエットで食事が偏ることが薄毛をまねいていることも?

 

そのため、食事制限をする無茶なダイエットは、薄毛を進行させる原因となってしまいます。
食事制限をすることで、髪の毛の成長に必要な栄養素が行き渡らなくなってしまうのです。

 

では、髪の毛に必要な栄養素とはどんなものがあるのでしょうか。

 

・たんぱく質
これは、髪の毛の成分の基本となるアミノ酸を含んでいるため、最も重要な成分となります。
肉や魚、たまご、乳製品、大豆製品に多く含まれています。食事制限のダイエットとなると、肉やたまごなどは避け勝ちですが、これらは髪の毛にとって重要な栄養源なのです。

 

・ビタミン類
この中でも、特にビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEが重要だと言われています。
ビタミンAは緑黄色野菜、ビタミンBは豚肉やレバー、マグロ、大豆、玄米などに多く含まれています。また、ビタミンCはくだものや野菜、ビタミンEはごま、オリーブオイル、ナッツ、今流行りのアボガドなどに多く含まれています。これらのビタミンは、偏りなくバランス良くとることが大切なので、やはり食事制限をしているとバランス良い摂取は難しいでしょう。

 

・亜鉛
ケラチンという髪の毛の主成分は、亜鉛不足になると合成が上手くいかず、細く弱い髪の毛になってしまいます。
亜鉛は、豚レバーやうなぎ、いわし、納豆、ひじきなどの海藻類に多く含まれますが、不足しやすい栄養素なので、積極的に摂取しないと髪の毛の成長にも影響がでてしまいます。

 

このように、様々な栄養素が髪の毛の成長に深く関わっているので、やはり食事制限をする無茶なダイエットが薄毛に良くない、薄毛の原因となるということが良くわかるでしょう。
薄毛が気になる方は、まず無茶なダイエットは避けましょう。適度な運動などのダイエットならOKですし、運動することで代謝もあがり、髪の毛の健康にもつながります。ぜひダイエット方法や食事のバランスを見直し、薄毛の予防を心がけましょう。