男性、女性に関わらず、年齢を増すごとによって薄毛に悩まされている人は多いはずです。

 

薄毛の原因は男女で違うものなの?

 

薄毛になるとおしゃれを楽しむことができませんし、外見が気になって心も塞ぎがちになってしまうでしょう。また、髪の毛が薄くなることで、年齢よりも老けて見られてしまうこともあります。

 

薄毛は、男女共通の悩みになりますが、実は、その原因には男女で違いがあるのをご存知でしょうか。原因を知ることで対処法も変わってきますので、ぜひ、理解しておきましょう。

 

男性の場合には、主に男性ホルモンや遺伝、皮脂の過剰分泌によるものです。男性ホルモンは、ジヒドロテストステロンという物質に変化します。これが、毛髪の成長を妨げてしまうのです。また、遺伝によって毛根部分の細胞が男性ホルモンに弱いとより、薄毛になりやすくなります。ですから、男性はいくら頭皮のケアを行ったとしても、男性ホルモンや遺伝によって症状が現れてしまうのです。

 

一方、女性の場合には、加齢や過度のヘアケアなどで薄毛になってしまいます。また、ストレスやダイエットのしすぎによっても症状が現れます。ヘアケアのため、過剰にシャンプーをしてしまうと、必要な皮脂まで取り除いてしまい、頭皮がそれを補うために余分な皮脂を分泌してしまいます。そうすると、頭皮の毛穴に詰まった皮脂によって抜け毛が起こってしまうのです。また、ストレスや過剰なダイエットにより、血液循環がうまくいかなくなり、それによって栄養が頭皮に行き渡らなくなります。そのため、抜け毛が起こりやすくなってしまう場合もあるです。

 

男性の場合には、男性ホルモンや遺伝が原因の場合、薄毛の改善方法を行っても効果が期待できない場合もありますが、女性の場合、外的要因であれば薄毛を防止することができます。まず、生活習慣を整えたり、髪に負担を与えるようなパーマやカラーを控えるようにすることや、過剰なダイエットをやめて、必要な栄養をきちんと摂取することが重要になります。