お酒やタバコは抜け毛・抜け毛と関係性があるのでしょうか?

 

飲酒・喫煙と抜け毛には関係があるのか?

 

実際は絶対にそれらが直接的な原因であるとは言えない部分がありますが、悪影響を及ぼしていると考えられる要因はあります。
まずは飲酒ですが、過度な摂取は抜け毛の原因になりかねない他、健康を害してしいまう可能性もあります。

 

アルコールが体内に入ると、肝臓がその解毒を最優先に活動することになり、過度な飲酒が続くと血液を循環させて体に栄養を送るための機能が働かなくなってしまいます。

 

これによりタンパク質の合成が阻害されたり、必要な部位に栄養が行き届かなくなってしまうなどの問題が発生してしまいます。
結果として、薄毛や抜け毛の原因を引き起こし可能性もなくはないのです。

 

続いてタバコも、体に様々な負担をかけてしまいます。

 

一酸化炭素、ニコチン、タールといった有害物質が体内に入り込むことで、十分に酸素が血液中にいきわたらなくなったり、末梢血管を収縮させて血液の循環を妨げてしまうなどの悪影響を及ぼします。

 

当然毛根の血管にもこれらのダメージが加わることで、髪の成長に必要な栄養素がいきわたりにくくなることは十分に考えられます。
さらにタバコの有害物質によりビタミンCが減ってしまうことや男性ホルモンが増えてしまうことも薄毛や抜け毛の原因の1つと考えられます。

 

また、タバコは精神的な面でも影響を及ぼします。
ニコチンが入ってくると体は興奮状態に陥りますが、その状態が続くことで自律神経の乱れを引き起こします。
自律神経が正常に機能しなくなると、頭皮から皮脂を多く分泌してしまうという減少が起こり、これもまた薄毛や抜け毛の原因と考えられています。

 

リラックスをするはずのお酒やタバコですが、過度に摂りすぎることで逆に体に負担がかかることになります。
その結果、体の健康を害してしまったり髪の成長を妨げることにる可能性があります。
薄毛や抜け毛が気になる人は今一度生活習慣を見直し、少しずつでも改善していくことが大切です。